JPEN

2013.6.23 All, Kotoba, People, Top Message

「感動創造カンパニー」へ

先日、ファイルを整理していたら、創業前に書いた会社への想いを見つけました。

 

 

 

 

確かこのノート、出張でロンドンへ行った時に、Baker Street 近くのCONRAN Shopで買ったもの。フランス、アイルランドなどを回った長旅の最後にロンドンで、アントレプレナーでもある古い友人と朝食を取った近くで買った記憶が。

 

ヒースローから成田へ、日本へ戻るANA便で、書いていたような気がします。

 

人に良いことをする、社会を少しでも輝く楽しい世界へ。

 

私の起業の想いはただ、それだけでした。

 

でも、どんなビジネスをするのか?

 

幸か不幸か、今まで積んできたキャリアの中で、得意なことは、経営コンサルタントとして、「組織の経営を良くする方法」を、プロとして考えることでした。

 

そういう訳で、私たちの会社は、経営コンサルティングサービスを営んでいます。

 

今、私たちは「全ての人を経営のプロフェッショナルへ」というミッションのもと、企業、行政、個人と、様々な方々を対象に御仕事をさせて頂いております。

 

起業してから間もなく2年。

 

あっと言う間の2年。

 

この秋には、3期目を迎えることになります。

 

新しい体制でスタートした2期目。本当の意味で我が社の創業期であったように思います。会社経営という仕事にもちょっと慣れ、雇われていた時代にはできなかった仕事や、同じようなテーマでも全く異なる斬新な手法を試してみたり、とにかく面白いことを追究しようと決め、常に「なぜ私たちはこの会社をやっているのか」「どうやりたいのか」を問われ、自分達が大切なものを再確認し合いながら、毎日を過ごしてきました。

 

でも、いつになっても、何があろうとも、創業を決意するに至った当初の想いは強まるばかりで、変わらぬ想いです。

 

様々な仲間、お客さまに支えられながら、私たちの会社は、これからも、どんな荒波も乗り越えながら、皆さまの人生に笑いの絶えない空間と「感動」を提供していきたいと思います。

 

2期目は、「社会のデザインカンパニー」を目指してきましたが、加えて次の年のテーマは、「‘感動’創造カンパニー」かな。その感動とは、私たちが提供するものではなく、クライアントの皆さまひとりひとりの中にあるものを、共に掘り、道を拓きながら、創りだすもの。人生でとっても大切な「感動」を広める役割を担っていけたらこれになく幸せなことです。

 

夏の間に、次の想いを温めながら、10月には皆さまに次のビジョンをドーンと、ご提示して行きたいと思います。

 

いつも皆さまから頂いているお気持ちに心からの御礼と共に、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

代表取締役

三木言葉