JPEN

2020.1.1 Kotoba, Top Message

新年のご挨拶

2020年、
新年あけましておめでとうございます。

 

代表の三木言葉です。
2019年中は、皆様に大変お世話になりました。
ここにあらためて、心より御礼の意を申し上げます。

 

弊社は「事業開発」プロジェクトを支援する
専門のビジネスプロデュースエージェンシーとして創業し、
弊社は今年で10年目を迎えることとなります。

 

本年も、これまで以上に、クライアントの皆様、
ひいては社会の皆さまのお役に立てますよう、
ご提供サービスの質、内容の向上をはかり、尽力させていただきます。

 

創業した2011年は、東日本大震災が起こった年であり、
大変厳しい災害の影響にさらされる中で、厳しい時代と言われておりました。
しかし近年の様々な自然災害や経済をはじめとする市場情勢などを踏まえると、
かつて厳しいと感じたことが日常化してきた時代のように感じられます。

 

そのような中で本年は、
日本において東京オリンピックをはじめ、
大きなイベントがあり、それによる変化やけなども見込まれる年です。

 

一方で、こうした変化する時代情勢におかれるなか、
新しい事業のニーズであり成長の機会は、日々さらに増しております。
既存の事業をベースとした改善よりの新規事業もあれば、
完全に既存ビジネスから離れた根本的に新しいネタを追う新規事業もあるでしょう。

 

どのような時代状況の中においても、
クライアントの皆様方が、その持てる力を磨き、伸ばし、
求める顧客にうまく出会えるよう今の市場にフィットした事業開発を行う。

 

そんな夢を叶えるべく今年も更に尽力させていただきます。

 

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

三木言葉
代表取締役
2020年元旦

2019.6.29 Kotoba, People, Top Message

大阪オフィス開設のお知らせ

CROSS Business Producers では、2019年7月1日より、大阪オフィスを開設させていただきます。

 

これまで以上に、関西エリアにおけるクライアントの皆様の活動も、よりスムーズかつ俊敏にご支援させていただく所存でございます。

 

是非お気軽にご連絡くださいませ。

スクエア大阪v1

 

2019.1.7 Kotoba

新年のご挨拶

2019年、あけましておめでとうございます。

 

昨年中も、大変お世話になりました。

 

弊社では昨年、多くのクライアント様の

実証実験プロデュースを担当させていただきました。

 

本年は、何かと世の中の「変化」と対峙する1年となりそうです。

 

しかしそのような中にも

クライアントの皆様がそれぞれの魅力、強みを活かして、

日々輝かしい成果を挙げられますよう

私どもも、引き続き精一杯尽力させていただきます。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

代表取締役

三木言葉

2018.1.31 All, Kotoba, Member, People, Top Message

ご哀悼(早稲田大学 西原博史先生)

代表の三木言葉です。

 

先日、私が大学時代に教えを請うた法学の先生、早稲田大学の西原博史先生が、急なご不幸で急逝されました。ニュースで、この件をお伺いし、先生に教わったことを思い返し、とても残念な気持ちになりました。しかし、その後、盛大なお別れの会に参加させて頂き、大学関係の皆様がご用意された資料を通じて、最近の西原先生のご発言を拝読し、あらためて生きる力を頂きました。

 

西原先生、すごく格好よいです!

 

19歳の頃に、先生の授業を受けたと思うのですが、そのとき、大学で、こんな風に大人になっても、子供のように素直に格好よく生きられるんだ!と、先生に未来を描く力を頂いた時間を思い出しました。

 

当社では、日々、クライアントさまのため、そして、そのお客様を幸せにすることを考えながらお仕事にいそしんでいます。が、先生のお言葉を振返り、人それぞれに様々な考えあり、それらが、尊重されるべき社会であるからこそ、わたしたち、サービスの送り手が、これだ!と思うことも、ある種、お客様を不幸にしかねない自己満足の塊の発送かもしれない、そんな危険性と欺瞞のリスクを、思い起こされました。

 

先生のメッセージから、以下を引用させて頂きます。

 

「Social Innovation への責任を引き受けるということは、極めて重たい課題です。自分が得をすればいいと考えて、そのための知識を身につけるとは別の取り組みが必要になります。それでも、自分が目指すものによって人類が本当に幸せになれるのか、その確認はいつまで経ってももてないかもしれません。というか、その確信を持ってしまった瞬間に、他人を不幸にする営みが始まってしまう可能性大です。

それでも、現状に満足して、立ち止まるわけにはいかない。いろいろとシンドいながらも、大まかに言って衣食住足りた日本の社会にあり、知的環境に身をおくことの許された境遇の下、必要な知的能力に恵まれた試練を乗り越え、わたしたちはここに集っているのです。そのことによって、人類全体の未来に対する責任が生じると考えることは、無意味な自意識過剰ではないと私は思います」

 

(出所:早稲田大学社会科学部 社会科学部報 60号 2016年 2頁)

 

西原先生がお教えになられた学生さんは、世界中に何十万人にもなるかもしれません。私はわずかそのひとりです。

 

そんなチッポケな存在ですが、先生の影響力は本当に大きく、わたしたちが、今、お仕事を頑張らせて頂いている根源にも、ご指導の精神があったように感じています。

 

日々、常日頃、新規事業創造のお手伝いをすべく、お仕事を頑張っております。しかし、先生の上記のお言葉をわたしたちの仕事に置き換えれば、わたしたちの信じることが間違っていって、クライアントの皆様を、途端に不幸にする可能性もはらんでいる、ということだと思っております。

 

そんな危険性を背にしながらも、でも、それでも、皆様を幸せにして、経済的に回りながら、好きな得意分野を活かして、お仕事をして頂きたい。

 

だからこそ、ビジネスプロデューサーとして、頑張って行きたいと考えております。

 

 

最後に、西原先生の哀悼の本を作るべく、ベネチア国際大学でメッセージを集めています。早稲田のサイトよりも、メッセージが濃い感じだったので、こちらでご紹介させて頂きます。

(*クリックして頂きましたら、リンクに飛びます!!)

 

西原先生、献杯!

 

インターネットは、天国に届いていますよね!!

 

 

三木言葉

2018.1.4 All, Kotoba, Member, People, Top Message, 未分類

新年のご挨拶

2018年、あけましておめでとうございます。

 

新しい1年の始まりです!
今年も、皆様、どうぞ宜しくお願い致します。

 

当社では、今年は長年温めて来た弊社のノウハウを、
「温度ある経済の環づくり」として集約し、クライアントの皆様へ展開を図る予定です。

 

経済の全ての原点、人と人との信頼、温かみのある関係性が原点である、
という考えから、これを実際に事業の収支に紐づけて行く、
そんな方法論を、あらためて皆様にご提案させて頂きます。

 

委細は皆様に春頃、ご案内をさせて頂く予定でございます。

 

激動の時代ではございますが、
原点、人間同士の繋がりと信頼、そして、自分自身である、
という点を大切に、皆様と様々な事業、今年も華を咲かせられるよう尽力、
させて頂きます。

 

本年も、CROSS Business Producesを、どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

代表取締役

三木言葉

2018年元旦

1 2 3 4 5 8