JPEN

2012.5.21 All, Kotoba, People

インターネットと向き合うこと

現在、サンノゼに出張に来ています。

 

そんな中、サンタクララ・ヒルトンにて、感動したこと。Dinner Placeに向かうのに、色々トラブルあり、夜9時過ぎにして、なかなか車は来ないは、日曜日で店は閉まり出すわ、でもどうしてもホテルの外でアジア料理、特に日本料理が食べたかった我々。ホテルの方がいろいろ探しながら、会話の中、この店はあいてる、あいていない、現地のいわばTabelogとグルナビが合体したようなYelpを見ながらサーチ。

 

その時、

ひとりの男性スタッフ、「ここはあいているよ」、

女性スタッフ「いや、どうかな」、

男性スタッフ「だって、11時までって書いてあるじゃん」、

女性スタッフ「いや、インターネットの情報は信用ならない」、

男性スタッフ「じゃあ、電話してみ?」、

っと女性スタッフが電話したところ、

女性スタッフ「今日は9時半でおしまいだって、、、」、

男性スタッフ「えっ!だってここに書いてあるのに」

 

っとネット情報を指さし、

 

女性スタッフ「だって、それインターネットに書いてあるだけだから、リアルじゃないよ、いつもそうじゃん。信用ならない」

 

なんとも、、、、Yahoo本社の並びにあるホテルでこの会話。皮肉なものです。

 

「インターネット≒正」の概念がはびこりつある中、この彼女の主張には、頭を打たれたとともに、大いに安心しました。実際に彼女の発言は、その通りだと思います。

 

そして電話で一生懸命、迅速にダブルチェックしてくれたからこそ、結局、日曜日の遅い時間にも関わらず、ちゃんとしたレストランにリーチ出来ました。

 

インターネットにはインターネットの良さと強さがあります。

 

でもその一方で、「実際に起きていること」「直にリアルな世界」を確認すること、この大切さを忘れずにいること。

 

それでこそ、本当の意味で社会に役立つインターネットの価値が広がるのだと、あらためて痛感したやり取りでした。

 

ホテルのみなさん、ありがとう!!!

1 5 6 7 8 9