JPEN

2015.3.24 CROSS, Event

初の海外出張!(in サンフランシスコ)

はじめまして。CROSS株式会社の清水です。

 

2月末に約1週間、行先はサンフランシスコ。

ちょうど4年前の同じ時期に行って以来の場所だったので、仕事としていった場合、今度は何が見れるのかと楽しみにして行きました。

 

今回の出張で一番引っかかった、キーワードは「open」でした。

 

まず、会議です。

現地の人は、とにかくオープンに話をしてくれるので、日本的な会議でイメージするような、初回会議は当たり障りのないことで済ます、という事は全くない印象でした。

現地コンサルタントと現地スタッフのやりとりなどにおいては、意見のやりとりが活発に行われ、初対面にもかかわらず、すぐに議論がスパークしました。

業界のトレンドはこんな感じだよね。その中でこういったプレーヤーはこの方向に進もうとしているよね。そうするとうちの会社はどうしていく必要があるのか。などなど。

日本的な会議だと、あまり見ないような光景なのではないでしょうか。

 

次に、働く場所です。

サンフランシスコにあるGalvanizeというシェアオフィスの見学に行ったのですが、そこでは、長机が並べられているようなオープンなスペースで、違う企業の社員同士が隣り合わせで仕事をしているのです。デスクだけでなく、ソファのようなところで、パソコンをカタカタ言わせて仕事をしている人もいます。もちろん企業ごとの個室もありますが、そこも鏡張りで誰でも中を見ることができるようになっています。

会議、といった型にとらわれない人とのコミュニケーションが、いつでも起きうるようなオープンな環境です。

 

思いがけないヒト、アイディアとの出会いから、新しいビジネスの種が生まれるのだろうな、と想像させるような職場でした。

 

こういったサンフランシスコの「オープン」な空気感こそが、誰もが名前を知っているようなテック企業が躍進していくための、アイディア醸成に繋がっているのだろうということを肌で感じることが出来ました。

 

ここで、サンフランシスコは「オープン」な場所でした、と終わらせたいところですが、そうではない一面もあるというのを紹介したいと思います。

 

帰国便待ちのサンフランシスコの空港でネットの記事を読んでいると、GoogleがMountain Viewにある本社の新しい設計プランを2月末に発表したというニュースに関連して、こうしたテック企業がシリコンバレー周辺に進出してくることに対して、反対している地元民もかなりいるという内容のものがありました。

 

反対している地元民は、テック企業が進出してくることで、自分たちがもともと住んでいた土地から追い出されてしまうと主張しています。

なぜなら、テック企業の進出、それに伴う人の流入により、サンフランシスコの物価が上がっているからです。物価の上昇により、それを賄うことができる高給をもらっているテック企業で働いている新参者がサンフランシスコに住み始め、サンフランシスコでの生活費を賄えないような給料の低い地元民が出て行かざるをえないような状況になっているようです。

(教師などは給料があまり高くないので、出て行かざるをえなくなり、その近辺では教師不足が問題になったこともあるとか。)

 

ただ、サンフランシスコの行政側としては、テック企業はサンフランシスコにお金を落としていってくれる重要なプレーヤーでもあります。その点、地元民の苦境を知りつつもテック企業をないがしろにできないようです。

 

周囲を海と山に囲まれ街を拡大することができないサンフランシスコの土地柄、そして、他のアメリカの都市に比べて歴史がある比較的古い都市であるがための地元民の地元への愛着、こうしたところからくる、これは、サンフランシスコならではの問題ではないでしょうか。

(個人レベルで聞くと、ニューヨークやロサンゼルスのほうが新参者に対して、オープンであると聞きます。)

 

そういった意味で、歴史的には「closed」な土地であるにもかかわらず、どこよりも活発化している「open」なトレンドの正反対の性格を持っている場所として、サンフランシスコは大変興味深い場所だと思いました。

2015.2.17 CROSS, Event, Kazufumi Sato, Service

KDDI×富士通 ビジョン2025策定(公開セッション)

富士通、KDDIの社員のみなさんとCROSSの専門スタッフが2025年の「未来ビジョン」づくりに挑戦する「ビジョン2025 合同セッション」を2015年2月4日、都内で開きました。CROSSが開発した「未来ビジョンプログラム」に基づいて、中期、長期の未来予測を組織や業種の壁を超えて行う取り組みです。CROSSのパートナーである株式会社ウォーターデザイン代表取締役社長の坂井直樹さんもアドバイザーとして参加しました。

この日の参加者は、企画・開発、営業などさまざまな部門で第一線に立つ50人。5つのテーブルに分かれ、短時間で、濃密な議論を進めました。最初にCROSS社内で実際に作成した「未来ビジョン」をモデルに、「未来」を考えるうえで心掛けたいポイントや作業の段取りについて説明しました。CROSSの専門スタッフも議論に参加しながら適宜サポートしました。

参加者には、あらかじめ未来予測に関する資料を収集(ファクト情報の収集)することをお願いしてありました。
セッションでは初めに持ち寄った資料を説明し合い、大量の「ファクト情報」を分類・整理しながら未来予測に必要な「シグナル(Signal)」を読み取りました。(ファクト情報のレビュー)
続いて「シグナル」から導き出されるコンセプトを絞り込み、2025年時点で、どんな世の中になるかについて「フォーキャスト(forecast:予測)」として固めていきました。(見通しビジョンのとりまとめ)

セッションを通じて5つのチームが到達したポイントは以下の通りです。

 

【Aチーム】

●フォーキャスト:「二極化」と「多様化」が進展する。
●説明:オートメーション化が進む一方、それとは逆に、実際に自分で体験するといった、人間らしさに新しい価値を見出すような社会になる。「二極化」と「多様化」との間の領域が大事。「間」というのは居心地がいいこともあって、そこから新しい価値が生まれ、「多極化」へとつながっていく。
オートメーションの流れが強まる中で、人間としての不安感がどうしても募る。人間らしさが大事になるのではないか。デジタルかアナログかで言えば、デジタル化に伴う不安感に対してアナログの人間らしさに関心が集まる。
ビッグデータやオートメーションの分野ははどんどん価格競争になっていって、最終的には人間らしさに注目したビジネスが生まれる。
もちろん、技術を全部、否定するのではない。感覚で伝わるロボット技術、体の不自由な人が手を動かせるようになるような「人に情報を与える技術」にフォーカスしていくと、面白い世の中になるのではないか。

 

【Bチーム】
●フォーキャスト:根本的な、生活を満たすための欲求が高まるとともに、それ以上の生活の質を目指す部分では多様性が求められる社会になってくる。
●説明:モビリティの自動化、パワードスーツへの関心など、多様性への欲求が高まる。一方、根源的な部分で、食料、遺伝子、安全に対する危機感が高まり、より注目を集める分野になるのではないか。
2015年(現在)でも、根本的な問題に対する関心は存在するが、特に先進国では、どうしても解決が必要な問題として。注目されているとはいえない。2025年になると、高齢化、人口増加の問題もあり、その点が深刻になり、解決しなければならない問題として強く意識されるようになる。

 

【Cチーム】
●フォーキャスト:「新しい集約」をみんなが意識する時代になる。
●説明:ウェアラブル、医療の変化、エネルギーの問題などの分野で、すべてが高機能になっていく。それは「数値化」がどんどん進行することを意味するが、「数値化」が進むと、さまざまな「違い」「ボーダー」がはっきり見えるようになる。その結果として「新しいボーダー」をみんなが意識し、次の「新しい集約」に向かうようになる。たとえば「ホームレス」を「新しいボーダー」からみると、「新しい集約」に向かって人が動いていることを意味するともいえる。
また、高品質であっても、使う人が少ないシステムは絶対に成り立たない。「新しい集約」を目指すには、低コスト化、コンパクト化で、みんなが幸せになる方向を見つける必要がある。「新しい集約」を単にコストで考えると、不安な社会、怖い未来になる可能性もある。また、集約されることで、多様性のないコミュニティーになるとしたら、それは面白くない。逆に、みんなが集まることによって新しい価値が生み出されることもある。それなら多様でハッピーな社会になるのではないか。

オープンソースを利用してみんなが個人事業主となるような方向性がちょっと前から出ているが、実際は、高コストで、うまく回っていない面がある。なるべく共有できるものは共有できた方がいいという方向性が出来上がりつつある。そういう方向性が普通の生活の中でも、出てくるのではないか。

 

 

【Dチーム】
●フォーキャスト:五感コミュニケーションが発達する。リアルとバーチャルの境目がなくなる。スマートハウス、未来の家が実現することによって「家にいながらなんでもできる社会」になる。
●説明:
①五感コミュニケーション
SNSがはやることによって、フェイス・トゥ・フェースのコミュニケーションがどんどん少なくなっている。脳のインターフェース技術が発達して、ヘッドフォンがあれば海外の人とコミュニケーションがとれるような「五感コミュニケーション」の時代となるだろう。
②リアルとバーチャルの境目がなくなる。
3Dプリンタで自宅で食品が作れるようになる。サプリメントひとつですべての栄養がとれる。それでは面白くないので、脳に働き掛けることによって、その人はとってはハンバーグを食べているように思えるような方向が可能になる。
③「空中農園」「家にいるのに外でランニングしているように感じる」というような「家の中でなんでもできる」社会になる。
さまざまな制約がなくなることで、いろんなことができるようになる。残るのは「宇宙への憧れ」だ。今、は難しいけれども、いろいろな制約がなくなったときに、誰でも宇宙に行きたくなる。宇宙産業に今後のポイントがある。

 

【Eチーム】
●フォーキャスト:「アンチ少子高齢化・一極集中」が実現し「おいしく楽しい食生活」を送れる世の中になる。
●説明:
少子高齢化の進展、都市への一極集中という課題がさまざま見えているが、ロボットやIT技術の活用、脳科学を応用した技術の開発などによって、遠隔操作が可能になる。たとえば体力的に劣る人でも農作業ができるように、どこでも誰でも仕事ができる世の中になるのではないか。
「どこでも仕事ができる」環境の実現は、都市への一極集中から分散に転じる重要な要素だ。自分の趣味が仕事になる環境も実現するとすれば、これまでの「ワーク・ライフ・バランス」から「ワーク・ライフ・インテグレーション(仕事と人生の統合)」に結びつくのではないか。
この問題さえうまく解決できれば、2025年の、さらにその先も明るい未来になり、人間として最も重要な「おいしく楽しい食生活」が期待できる。ドリンクでの栄養補給ではなく、人間としてのプリミティブな要求である、実際のものを食べて楽しむ暮らしが残る。

 

◎ 価値観と課題を共有/CROSSの未来ビジョンプログラム

 

CROSSは、米国の未来予測シンクタンク「Institute For The Future(IFTF)」と提携して開発した「未来ビジョンプログラム」をご提供することで、企業イノベーションを目指す企業を多角的にサポートします。

規模が大きくなればなるほど、組織や事業の変革には大きなエネルギーを要します。特にグローバル化が進み、企業環境が複雑さを増す中で、企業を取り巻く課題を共有し、解決手法を開発することが、未来ビジョンを確実なものにするための重要なステップとなります。今回の合同セッションでは、2025年、2050年を想定しました。未来ビジョンの策定につなげるためには事業に参画するメンバー、一人ひとりの個性を把握し、価値観と課題を共有することが何よりも重要です。


「未来ビジョンプログラム」では、この日行った「シグナル」「フォーキャスト」に加え、施策や実践を具体的に考える「アクション(action)」のステップを準備しています。課題を解決するための有効なビジネスプランを策定し、事業成果を達成するまで「シグナル」「フォーキャスト」「アクション」を繰り返し、精度をしっかり高めていきます。スタッフの意識やスキルの向上と人事制度・組織的な変革の双方を進めることを通じて、企業イノベーションの創造プロセスを実感していただくことが可能です。

 

投稿者 佐藤和文(ジャーナリスト)

2015.1.25 All, Kotoba, People, Service, Top Message

業界紙へ記事掲載♪

先般、嬉しいことに私どもの活動をとある雑誌に記事掲載頂きました!!

 

テレコム業界としては、国内で最も古い業界紙、ビジネスコミュニケーション、1月号です!!!

 

こちらからリンク記事へどうぞ♪

 

編集長さん直々にバックアップ頂き、未来ビジョンなどのワークショップ、事業創造、イノベーション領域への取り組みなど、弊社クライアントの富士通さんの事例を基に、分かりやすくまとめて頂いております。

 

是非、皆様ご参照くださいませ♪

 

 

 

2015.1.12 All, CROSS, Event, Kotoba, People, Top Message

FUTURE VISION 2050

CROSS代表の三木言葉です。

 

先日1月9日、10日と、自社合宿を新年早々行い、今年の計を皆で語り合うと共に、2050年までの未来ビジョンを皆で形成すべく、語り合いました。

 

これは私たちが、クライアントに展開している「未来ビジョニング」の手法を用いて、現時点の世の中の事実たる動きを「シグナル」として、かき集め、2015年から2050年まで、それらが段階を経てどのような影響を持ち、変化し、結果となっていくか、「フォーサイト」としての予測を取りまとめたものです。

 

 

 

っとまあ、こんな感じで作業を進め。

 

 

特に今回はビジュアルを用いた予測と討議に時間をあて、補足として統計データなどを付帯的に参照しながら予測活動を行いました。

 

 

約1日のセッションを通じて、2050年の社会はどうなるのだろう、このままの流れで行くと、私たちの予測は、「LESS EVERTHING」と予測しました。

 

様々なものがLESSになる時代。

 

これがポジティブ予測のまとめ表です!

 

 

代表的なものを略して、「B.A.P.」。

 

1.BORDERLESS

 

→ 国境の壁が更になくなり、言語、通貨・貨幣、税金、法制度などの壁がなくなる?現在も話題となっているビッグデータを握り、これらを操ることが出来る国家、企業などがイニシアティブを取り、幾つかの「情報」を基とした争いを超えて、現在の国際取引の壁となっている事項が取り払われて行く。地球全体がより明確にひとつの市場として、ひとつの社会、経済単位へと統一されていく可能性がある?ここでパワーを持つプレイヤは、「情報」を抑えているプレイヤ。

 

2.AGELESS

 

→ 多様な技術の発展、ナノマシーンの浸透、若返りカプセル、バイオ技術発展による製薬の精度向上などにより、人は老いから解放され、80歳の老人も20代や30代のような人類が理想と考える外見に固執し、維持し続けることが出来る?その替わり、人はベッドではなく、密閉された特殊なエアを吸う若返りカプセルで機械で管理されながら眠る?究極には、人間は、機械に管理され、思考や経済生活だけではなく、物理的にも肉体を管理される温床となり得る。そんな生活の身近には、生活ご支援ロボットという名の管理者がいるかもしれない。

 

3. PRICELESS

 

ビッグデータを基とした情報戦の結果、地球を一つとした社会の中で、我々は老いから解放され、一見永遠な幸せを手にしたようであるが、超管理社会の中で、肉体すらもカプセルやロボットにより監視され、管理される時代になっているかもしれない。

 

こうした社会の中で、一部の、いや多くの人間が、もしかすると、人間にしかない「感情」、「心のぬくもり」を基とした暮らし方、スピードやビッグデータ分析によるITの便利さと無縁の生活を追究しているかもしれない。

 

いやもしかすると、超ハイパーテクノロジーにより支えらる都市空間の生活と、ぬくもりを中心軸に据えたコミュニティが生まれた海や山村などの街・村が、今以上に確立され、新しい生き方が誕生しているかもしれない。

 

こうした自由な生活を支えるのは、再生可能エネルギーに支えられた空を飛ぶパーソナルモビリティの機械。現在は車と呼ばれている道具ですが、もはや車ではない。飛行機でもあり、人がゆっくりする箱でもあり、近所に行く自動運カーでもあり、海や川の上を走る船でもある。

 

*こんな社会になるかな?と予測したのが大きなハイライトです*

 

その他のLESS例としては、

HARDLESS

PCLESS

TOOLESS

CURRENCYLESS

SICKLESS

TIMELESS

WORKLESS

HUMANLESS

 

など、様々に議論にあがりました。

 

たとえば将来は、パソコンはハードが物理的になくなり、空間に浮遊する見えないハードエンジンを呼び起こし、空間に浮き上がるキーボードとモニタで操作することが出来るでしょう。

 

人の眠るベッドも、物理的に存在する必要はなく、眠る時だけ、TEMPURのような柔らかい雲のような心地のエアクッションがフワッと、アラジンの魔法のランプから飛び出すように浮き出し、そこに眠るのかもしれません。

 

トースターも現在のようにハードは必要なく、電子機能が乗っかった特殊な巻き紙を拡げると、機能が使える。使わない時は巻いてしまっておくだけ。

 

つまり、私達の家からは究極にモノがなくなり、生活空間は、モノLESSになっていく可能性が考えられます。

 

そんなかんな、私たちの予測は、このままだと、とっても、LESSな時代へ。

 

でも、そんな何もかも、便利だけど、機械ばかりが賢く、管理している社会に歓びはあるのか?

 

ビッグデータ、大いに良い。でも、人の心、ぬくもりを、だからこそ、より大切に、人が温かいそんな時代を創って行きたいと、切に考えさせられました。

 

温かな時代へ。

 

この予測をどう実現して行くか、クライアントの皆様と、力を合わせて、より具体的な明るく良い未来を創るべく、力を合わせて、良い予測を形に、実現に持ち込んで行きたいと思います。

そんな社会の担い手となるべく、更に今後も一歩一歩、日々頑張ります!

 

 

ちなみに、こちらは、ネガティブ系をまとめた予測です。

 

やはり肥満問題が。。。><。。。

 

 

 

なお、これら未来ビジョンは、今後、継続アップデートをして参りますので、また続報をお楽しみに!!もちろん、クライアントの皆様へは、個別に手厚く詳細、プレゼンさせて頂きます!!

 

あらためて、今年も宜しくお願い致します!!

 

三木言葉

 

 

 

 

 

2015.1.2 All, Kotoba, People, Top Message

2015年へようこそ!

皆様

 

新年、あけましておめでとうございます。

 

CROSS Business Producers 代表の三木言葉です。

 

2015年はどのような年になるのか、国内外のシンクタンク、メディア、政治関係機関など、予測を拝見すると、必ずしもポジティブとは見えないものも多く発表されています。もちろん、経済上向きー!!というのもあるのですが、うーん、ちょっと無理があるような。

 

要するに、ここ何十年もではありますが、良くわからない時代、例年にも増して、先を読みづらい、そして、努力しなくても何か良いことが降ってくる、少なくともそんな時代でないことは確かのようです。

 

こうした時であるからこそ、大切なのは、「自分たちが何をしたいのか」「どうしていったら幸せなのか」をあらためて見つめ直し、日々の仕事にその想い、丁寧な気持ちを一生懸命反映することだと思います。

 

現代は情報が沢山溢れており、企業が、どの方向に進むべきか、そんなことを考える材料も沢山ある一方で、それらに惑わされ、踊らされ、疲れてしまうことも多々あると思います。

 

忙しい、先の読めない時代であるからこそ、ひと呼吸。

 

自分たちは何が一番大切なのか。

 

お客様に何を提供したいのか。

 

そんなことをしっかりと見つめ直しながら、日々の業務、意思決定に反映し、良いビジネスを、世界の人々に提供して行くことが出来たらばと思います。

 

それでは、「ようこそ 2015年!」ということで、楽しく素敵な1年を盛り上げて行きましょう!

 

本年も、どうぞよろしくお願い致します。

 

三木言葉

1 12 13 14 15 16 17 18 19 20 31