JPEN

2012.7.7 未分類

電子出版EXPOへいざ!

先日、東京ビッグサイトで行われていた電子出版EXPO、かつ、ブックフェア、そして販促EXPOなどに行ってきました。

世の中、最大の話題は、なんといっても、楽天がKOBOを買収し、はじめた電子書籍の出展だったかと思います。

しかし私が一番興味を惹かれたのは、農村漁村文化協会の出展です。

 

 

 

 

 

 

季刊地域という季刊誌の中で、独自の視点で農村地域における電力発電、再生可能エネルギー、自然と人間の共生を追っています。

 

 

私は海外のプロジェクトでこうした事項を調べてきましたが、あらためて、日本の深いポテンシャルに驚くばかりです。こうした取り組みこそが、世界にひろめられ、次なる日本を支えられればとあらためて強く思いました。

 

存在しているテキストを紙から電子に置き換え、そこで、収益を得ようと、短絡的に考えるモデルは決してうまくいきません。如何に、情報が人の行動や社会の形成を助け、その為にどんな媒体で情報を届けられるべきか。問われるべきことはそれだけです。

 

電子書籍EXPOで、多くのベンダが、技術を争って出展する中、私は、農文協さんの地道な取り組みと視点についぞ、魅了されました。

 

それと、実は予定外に面白かったのが、同時開催の販促EXPOです。

 

販促グッズを媒体として捉えるならば、メッセージを届けると言う意味で、販促グッズも広くはメディアの一員に捉えられますね^^。

例えば、幸せを一緒に育てよう!ということで、大阪の種の会社、タキイさんが出されていた四つ葉のクローバーボックス。

 

 

 

 

ほんの一部ですが、Inspiresされたことのご報告です!

 

 

 


2012.7.5 All, Kotoba, People

早稲田オフィスの素敵さ♪

 

弊社は、早稲田にオフィスを構えている新規事業創造を目指す仲間の集まりです。

 

創業来1年近くたち、なぜ早稲田なの?どうして早稲田なの?ということをあらためて考えたりします。

 

なぜなら、弊社のお客様の多くが、中央区、港区、そして東京外の地方という中で、早稲田の周辺のクライアントさまや、協力会社はほとんどないという状況です。つまり、皆様のオフィスから中々不便で、遠い立地でご迷惑をおかけしている訳です。。

 

そんな中、代表の私が、早稲田大学と縁あるという以外に目立った理由もなく、コンサルティング会社としてちょっとありえない、遠い早稲田という立地をどうしたものかと。

 

創業当時は、アメリカ、シリコンバレーエリアにおけるスタンフォード大学とパロアルトの位置感で素晴らしいネット企業がたくさん立ち上がったことなどから、自分の母校、早稲田と接点を持ちながら、この地を新しい事業発展の生まれ故郷に出来ればと思ったものです。

 

それでも、実際は、そういう志向性で集まっている企業など数少ないなか、土地的な相乗効果は限られており少々残念です。

 

というところで、早稲田ならではの良さをもう一度考えてみました。

 

①いかにも企業っぽくない立地

→コンサル会社に行くと言っても、スケジュール帳で書かれるのは、虎ノ門やらなんやらばかり。案外と、避暑地のような学生しかいない早稲田の地は、休息気分を味わえて悪くないもの!

 

②気軽な服装でラフに集まれる

→暑い夏の日、競合。同僚などにばれずのに、好きな格好で議論に来れるのは、他にあまりオフィスがない早稲田ならではの特権!平日ですら短パンでもOKです^^!!

 

③安くておいしい店が意外とある!ワインバーまでも!!!

→早稲田と言えば学生の食事というイメージだと思いますが、以外と学生がいないオサレなワインバーもあります♪

もちろんタクシーワンメーターで、神楽坂もOK!!!

 

 

皆様、是非、御社の事業差別化のため、早稲田オフィスに気楽な服装で遊びにお越しくださいませ♪

 

弊社の議論スペースは24時間365日オープン!

 

ケータリングは、タイ料理、プレミアムサンドイッチ&バーガー、近所のリーガロイヤルホテルのケータリングなどがラインナップです♪

 

皆様のご来訪、心より楽しみにしております!!

 

 

 

 

 

 

2012.7.4 All, Kotoba, People

発見!大分県のスゴイとこ! (大分出張を振り返って)

発見!大分県のスゴイとこ!

 

 

先週、6月27日28日と2日間、大分合同新聞社さんのお招きにより、大分県へ出張させて頂きました。

 

今回の出張の趣旨は、大分合同新聞社さんが主催されている大分ITネットワーク研究会の講演でした。「ソーシャルネットワークサービス時代のあり方 ことばを超えることば」というタイトルで、ソーシャルネットワークサービスが普及浸透してきた今、社会にどのような影響があり、どのような変革がもたらされているか、お話しさせて頂いたことです。

 

しかしながら今回の旅は、単なる講演講師という枠を超え、多くのことに出会い、学びを得ましたので、私が発見した大分県のスゴイところと感動ポイントを皆さんに是非お伝えさせて頂きます。

 

私どもの会社の活動テーマは、「グローカルに喜ばれる社会の役割を事業として創って行くこと」です。それが日本であれ、世界であれ、どこでも良く、ただ全世界のどこにもいる人間という存在が繋がること。人を震わせ、動かし、喜ばせ、苦しくも笑顔に満ち溢れた社会を作ることです。

 

いずれの「事業」も、こうしたことを実現する為の形でしかないと考えています。そんな中、大分県では、私がこれまで訪れた世界の多くの場所に勝るスゴイことがあり、日本の大きな課題のひとつである、新事業、新産業創造の地として非常に適しているのではないか、と感じた点です。

 

総論としてその特徴を申し上げると、まず自然エネルギーによる発電量が日本全国で1位、エネルギー自給率、食糧自給率共に100%を超えており、日本の地方の中でも群を抜いた自給自足率です。

 

こうした環境に支えられ、彼らの特徴的な強みを3点挙げてみます。ひとつめに、実は世界でも注目を集めうる技術的なシーズがあります。たとえば、小水力発電です。日本の中でも、この技術の取り組みは、京都府や滋賀県などでも進められており、決して、大分だけではないですが、竹田市で 取り組みが進む事例では、大分県に本社を置くターボブレード社や、デンケン社が中心となり、新しい技術を含んだ取り組みが進められています。(http://www.oita-press.co.jp/localNews/2010_12837374273.html

 

そのほか、地熱発電に関しても、昭和42年から稼働している八丁原・大垣地熱発電所は、日本を代 表する地熱発電所であると同時に、技術的にもここにしかないものが取り込まれています。(http://www.kyuden.co.jp/effort_geothermal_t_hattyoubaru.html

 

 

ふたつめに、文化、技術の先端地域として、美術館が比較的多いようにも感じました。特に湯布院エリアは、海に面した別府市から山に入る格好の立地で落ち着きと静けさの中に明るさがあり、まるで、フランス、コートダジュールにあるサンポール・ドゥ・ヴァンスのようです。

 

サンポールとは、フランスの中でも多くの芸術家が集った20世紀芸術の代表的な街であり、今でも多くの美術館が存在しています。   同様に湯布院にも多くの美術館があり、文豪、画家、音楽家などが集い、近年は毎年いくつもの映画祭がこの地で行われています。

 

私も出演させて頂いた湯布院のコミュニティFM局、ゆふいんラヂオ(http://874.fm/)は、2012年6月12日に開局した、日本でも唯一、美術館の中にあるFMスタジオです。音楽をテーマにした美術館、Artegio(http://www.artegio.com/)です。同じ建物の中には、他にもショコラティエや素敵なカフェもあり、なんとも美しい空間です。

 

*カフェの一画*

 

 

 

 

 

 

そのほかにも、たとえばシャガール美術館などがあります。

http://www.chagall-museum.com/

 

街と人が一体となり文化、芸術、本当に大切なものは何かを見つめ、大切にしようとする文化こそ、現代人が忘れてはならない精神だと思います。

 

 

最後に、良いことは良いものとし、素直に新しいことに取り組む、という姿勢を是とするカルチャーが人々の中に育っているのではないか、と感じられた点を取り上げます。たとえば別府市には2000年4月に開校した立命館アジア太平洋大学があり、半数は海外からの学生さん、同じく教員勢も半数は海外から、授業も日本語と英語の二言語制が取られているそうです。大学の開校当時には、別府市の地元の方々が、留学生を支援する為の団体やコミュニティなどを設立され、街になじんで頂くための活動も積極的に行われたとのこと。こうしたことから別府市そのものの文化の中に、異質な考えや空気を受け入れる土壌が育ったということも大きな出来事です。

 

別府湾に面した立命館大学のキャンパス

 

 

 

今、日本には変化する時代を支えるための役割を担うサービスや、企業が不足していると感じています。その中でもこれまでにない新しいこと取り組み挑戦していこうとした時に、街に理解があり、積極的である土地であることの方が格段に有利です。街の空気として、新しいこと、価値があることをどんどん支援していこう、という感じは素晴らしいことです。

 

良いことを良いとする、ただしいことをただしいとする。人が人を見て、素直に心と心で向き合いながら関係を構築する。なんでもないことのようで難しいことです。うがった先入観に縛られた見方や、自分中心の発想ではなく、相手を素直な心正しく見て、行動する。そんな精神がある社会であればこそ、正しく清らかな関係性が築けるものと思います。

 

技術・企業のチャレンジ、文化風土、人、様々な観点から、大分県の将来は固い、いやこれからの時代に真価を持つ輝きある場所だと確信しました。私自身もこの気持ちを大切に、大分県の輝きを受け止め、自分自身も更に成長していきたいと感じました。

 

 

 

 

それでは最後に、私の出張体験のまとめです。取り急ぎバーチャルトリップしていただき、次は是非、航空券を購入!大分へ足を運んでいただければと思います。

 

 

【代表企業のレビュー】

 

九州地方を代表するお醤油の会社、フンドーキン醤油さんはじめ、各企業さんなどで社長さんのコメントなどを拝読しました。特にフンドーキンの小手川社長の経営者精神に感動しました。

http://ooita-president.net/fundokin

 

もちろん、そのほかに県や、レポート類などで基礎知識をつけました。

 

【大分県に向かう前の事前調査】

 

東京銀座の「坐来」という大分県が運営するレストランに伺いました。毎日大分県から空輸されるお野菜、お魚などと共に、文化を学びました。

 

http://www.zarai.jp/

 

さりげなく、ワインのセレクションもすばらしく、同じ週に2回も通ってしまいました。

 

【いざ出発!当日だ! (27日)】

 

東京は快晴!朝8時10分のANA便で羽田から出発。最近よく乗っていた台湾行のチャイナエアライン7時5分発より1時間も遅いので、ちょっと早めについてしまい、ラウンジでe-mailする余裕も。

 

 

大分行はちょっと小さめの機体。   残念ながら到着した大分空港は、大粒の雨><;;。たった1時間ほどで着くので、まだ9時半くらい。

 

 

この後、ホテルに向かい、講演させて頂きました!

 

関係者の皆様のお考えにも刺激を受け、とても良い学びの日でした。

 

 

【大分を知って学ぶ初日(28日)】

 

はじめての大分という情けない私にして、この日は若葉マークでお勉強しながら、色々と心の贈り物を頂いた日でした。

 

大分合同新聞さん、朝刊に講演の様子を載せていただき、記者さんの素晴らしいまとめに感動いたしました。自分で言ったこととはいえ、他の方に綺麗にまとめて頂くと嬉しいものです。

 

 

朝は今日もやっぱり曇り。大分から湯布院に向かう道中、せっかく眺望が良いはずのSAからも、曇り空のもとの別府市。

 

 

 

高速道路の上にかかっているおさるの橋で有名な高崎山のさしこちゃん。AKB総選挙と同じ日に高崎山の猿も選挙だったそうで、、、代表に選ばれた「さしこちゃん」。大分合同新聞さんでは大々的に報じられたそうです!

 

 

到着したFM局、ゆふいんラヂオ。

 

 

 

サウンドコンシエルジュの西原さんには、私のお仕事をうまくご紹介していただき、さすがプロ!と感激いたしました。

 

 

 

 

同じ建物の中にあるカフェの中の彫刻。美術好きには萌えポイントです^^!

 

 

 

終わりまして、大分空港までお送り頂くという以上に、、通りがかりの別府の素晴らしい要所をものすごいスピードでご紹介頂きました。

 

まずは、明礬温泉に立ち寄り、名物の地獄蒸しプリンを頂きました。

そこから鉄輪温泉の方に回り、いつか行ってみたいと3歳から思っていた!?海地獄。まるで旅行のようですが、一瞬です(笑)
このころにはお天気もよくなってきて、かなり蒸し暑くなってきました。

 

 

 

ちょっと前まで、入れる青い温泉だと勘違いしていたのですが、そうではなく、これは、100度近くあるので、見るだけです。でもとっても綺麗で吸い込まれそうです。

 

上空を低空飛行してしまった鳥や虫が時々、激しい蒸気で一瞬にして撃沈することがあるそうです。みなさん空の通行には、くれぐれもお気をつけて。。

 

 

 

赤い血の池地獄です。

 

 

この地獄の出口に、「極楽まんじゅう」が売っており、なかなか面白い空間でした。

 

そして別府の真ん中の方に入り、テレビでも時々みかける無料の温泉蒸しスポット、地獄蒸しと足湯がある休憩所です。

 

 

 

 

地元にお住いの方も、まさかそんなに皆さん毎日温泉につかると言うことはないそうですが、それでも、身近に良いお水があって、
気軽に足湯に使ったり、地獄蒸しを楽しんだりできる環境は素晴らしいですね。
そとは既に結構明るく、ほぼ快晴に!!

 

 

最後にこちらの卵をおみやげに頂いたのも、感動の境地でした!

ちょっと曇ってしまいましたが、最後はとにかく晴れ!大分県が全力で感激してくださっているようで、とても、嬉しい気持ちになりました。
帰りのANA便から見た空の景色です。たった2日とはいえ、大分県で過ごした時間に感じた素晴らしい学びと、それらがもたらしてくれるだろう次なる新しい挑戦の門出を後押ししてくれるかのような美しい夕暮れの空でした。まさに神様からのGift.

 

 

 

 

 

 

大分県へのアクセスは、東京・羽田空港から飛行機で1時間15分~30分。季節の気流の流れにより、時間が異なりますが、ふわっと空に飛んで、景色を楽しんでいる間、すぐに着陸という近さです。

 

皆様も是非、次のお休み、そしてまたお仕事でも、大分県へ足を運んでみていただければ、その素晴らしさと、新しい発見があるかと思います。

 

まさにDiscover Japan ! 大分 is Wonderful !でした!

2012.6.5 未分類

夢に向かって

ここのところ、ウェブ開発やデザインの仕事も頂くようになり、春から開発言語の復習を始めました。

 

大学時代に、学生ベンチャーをちょっとかじっており、その時は、開発が出来るようになるべくHTMLや会計などを勉強していました。

 

結局、卒業後、マネジメント・コンサルティングの仕事に進んでしまって、猛烈に仕事をする中、日々日々進化する開発言語など、真面目に追ったり、勉強したりという機会もすくなく、どちらかというなら、出張予定の国の文化や言語、統計やマーケティング、投資理論などを勉強してきたものでした。

 

そんな中、久しぶりに言語に触れ、Pythonなどが実現してくれることを学ぶと感動します。

 

当たり前ですが、学生当時から目についたHTMLやC言語の限界が、HTML5や、Python, そしてもちろん、JavaやPHPなど、大きく打破、かつ発展し、思いつく限りのことが、ウェブ上で自由に、ローコストに実現できるようになっている訳です。

 

まったく浦島太郎という感じですが、大きな会社で開発など外注するだけ、という環境だけではなく、自らこの世界にもぐり込むことで、今、ビジネスとして、大も小も、事業家が選択できることの途方もないオプションの広さに、猛烈に魅了されてきました。

 

大きな企業の中で、力ある意思決定が出来る立場にある方々でも、こうした世界を知らないがゆえに気がつけていないオプション、沢山あると思います。

 

最新の開発言語がもたらしてくれる事業の可能性。

 

学びを皆さんと共有すると共に、弊社で企画している新事業の中でも、新しいチャレンジを沢山して行こうと思います!!!!

 

次なる続報をお楽しみに!!

 

 

 

 

 

 

2012.5.24 All, Kotoba, People

感動のひととき

昨日、弾丸の米国出張から、本日、東京で某社にお招き頂いた講演会を終え、少し小休止のほっと一息です。

 

今回出張では、シンガポール航空さんの素晴らしいサービス、機材、美味しいいお食事に、お茶にお酒、CAさんのサービス、そして機内のインターネットサービスに支えられ、緊密なスケジュールもストレス少なく頑張れました。あらためて、皆さまにお礼です。

 

そんな中、ちょうど今、追っているテーマ、「デジタル時代におけるメディア」ということで、今年のPulitzer賞の受賞者をウォッチしていました。

 

何よりも感動したのは、24歳、Sara Ganim氏の受賞です。自分が24歳の時を思い返しても、まだまだガムシャラで見えないことばかりでした。それでも、年齢がどうとか、形を超えて、いいものはいいと評価してくれたPulitzerに感動!

 

Saraの受賞シーン!

 

そして、Saraを採用し、こんなにも支えてくれている会社、Patriot News も素晴らしい会社だと思います。年齢や立場に関係なく、いい記事はいいとして認め、記者のスピリットで頑張ること!

 

それが最も大事なことですね。

 

そしてこのビデオ、一生懸命仕事することの素晴らしさ、感動を伝えてくれていて、大好きです。

 

私も頑張ろう!!!

 

 

 

 

1 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31